うつ診断結果を参考にしよう【初期症状はちょっとした不調が長引く】

男性

ココロからのSOS

男性

うつと診断された人とその周りの人々がどのように対応すると良いのか。その対応と、診断を受けるまでの流れを簡単に説明しています。クリニックの選び方、診察の流れ、診断されたあとの対応や過ごし方について説明しているので是非参考にしてください。

立ち直るには相談が肝心

カウンセリング

うつ病の可能性を感じたら、早めに診断を受けましょう。立ち直ることが早くできるほか、相談相手も確保できて安らぎを得られます。病院での診断方法は質疑応答かアンケートが多いですが、インターネットには医師監修の簡易的な診断が公開されています。

病院での判断が大切

病院

信頼できる医師を探す

誰しも気分の浮き沈みはあります。お天気が良い日は気分が晴れ晴れとしますし、大雨や曇りの日は何となくどんよりしてしまいます。でも、気分の変動が著しく大きい場合や、意欲が出ない日が長く続く場合は要注意かも知れません。うつ病というと深刻な病気を想像しがちですが、その初期症状はちょっとした不調が長引くことから始まります。一口にうつ病と言ってもその原因や症状は様々です。慎重にカウンセリングを進めて症状を見極める必要がありますので、診断には長い時間がかかることが一般的です。不調に対して即時に診断名が与えられることは稀であり、根本的な治療開始までは対症療法が取られます。意欲の低下、原因のない不安感、睡眠に関する問題などの不調に対して、その負担を軽減する目的で抗不安薬や睡眠薬などが使われます。抗うつ剤は医師によって必要と判断された場合にのみ処方されます。重篤なうつ症状により生活に支障が出ている場合はすぐに処方されることもありますが、安易に投与されることはありません。前述の通り、うつを正確に診断するには長い時間がかかります。診断後も服薬や経過観察で定期的に通う必要がありますので、まずは通いやすい距離にある病院を選ぶようにしましょう。適切な診断・治療がなされれば良いので、病院の規模はあまり関係ありません。むしろ多くの患者さんを効率的に診る必要がある大病院より、小規模なクリニックの方がしっかり話ができるかも知れません。主治医との信頼関係構築が治療の肝とも言えますので、信頼して話ができる先生を選びましょう。うつの原因を探るには、症状の他、プライベートなことも含めた心の内を吐露する必要があります。話しやすい雰囲気を作ってくれたり、どんな小さな疑問や不安にも親身に回答してくれたりする先生であれば、安心して治療に専念できますよね。理想的な主治医が見つかるまで、いくつか病院を回ってみるのも良いでしょう。ただし、薬は効果が出るまで時間がかかります。薬が効かない気がするなどの理由で安易な転院をしないように注意しましょう。

患う頻度の高い病気です

ハート

うつ病は心や体からのサインを見逃さず、専門医による適切な診断と治療をする事で完治させる事ができる病気です。家族や身近な人がうつ病になっても決して慌てず、十分な休養が取れる様に配慮してあげる事が必要です。

事前に把握することが大事

聴診器

うつ病の治療をするために、クリニックや病院へ通院することがありますが、自信が抱えているうつ病の種類や症状について一度確認をしておくと良いです。なぜなら治療方法や費用が異なるからで、適切な診断を受けられるようになるからです。

鬱病の治療について

医者

うつ病に疾患すると、やる気が減退するため仕事や勉強に影響します。そのため早めに心療内科で診断を受けることをお勧めします。心療内科を選ぶポイントは、患者の悩みを親身に聞いてくれる医師が在籍している病院を選びましょう。