うつ診断結果を参考にしよう【初期症状はちょっとした不調が長引く】

ウーマン

患う頻度の高い病気です

ハート

症状を見逃さない事が必要

うつ病は決して特別な病気ではなく、15人に1人は生涯の内に患う可能性がある心の病です。何となく気分がよくないといった心の状態は誰もが経験するものですが、時間の経過と共に解消されていきます。しかし何事についても悲観的な考え方をする様になり、気分の落ち込みや強い不安感が2週間以上続く様ならうつ病と診断される場合があります。この様な心のサインだけでなく、頭痛や手足の痺れ等の体からのサインも感じる事があります。この病気はこの様な様々な症状があるにも関わらず、適切な診断と治療を受けないまま放置している人が大勢いるのが現実です。仕事や家庭生活に支障をきたしてから対応する人が多く、病気をこじらせてしまう原因になっています。少しでも早く治療を開始する事で回復までの期間を短縮させる事が期待できます。早ければ数週間で完治させる事もできますが、対応が遅れれば長期間治療を続けなければならないケースもあります。早期回復の為には身近な人が気付いてあげる事が大切です。行動や言動について、いつもと違う様子を感じたら専門医による診察を勧めた方が無難です。体調不が必ずしもうつ病であるとは限らず、別の病気である場合もあります。うつ病の症状を感じたり、家族の者が病気を患ったりしている可能性があれば、できるだけ早く専門医による診断が必要です。本人が医療機関を利用する事を拒否していたり、躊躇したりしている場合には自治体に相談する事もできます。うつ病をはじめとする心の病の治療は精神科で受ける事になります。薬物療法や心理療法を組み合わせながら症状の経過を見ていきます。うつ病と診断されても焦らず、じっくり治療に専念する事が大切です。そして家族や周囲の人達の協力が治療効果に大きく影響するので、十分な配慮をしてあげます。過剰な励ましや勇気付けの言葉は逆効果になる可能性があるので注意が必要です。治療の効果を高める為には、十分な休養が得られる様な環境づくりができるかがポイントになります。そして短期間で社会復帰する為には実績があり、信頼のおける医師による治療が必要です。患者の状態をしっかり見極めながら薬の回数や量を調節してくれるので安心して任せられます。