うつ診断結果を参考にしよう【初期症状はちょっとした不調が長引く】

ウーマン

事前に把握することが大事

聴診器

適切な治療を受ける

うつ病を発症した場合、殆どの場合は病院やクリニックに通うことになります。そこで気になるのはうつ病の完治までの費用です。治療には長い期間が必要になるため、本人だけでなく周りに人間も費用について気になっている人は多いです。一般的にうつ病の治療費用は種類によって異なります。比較的症状の軽い季節性や仮面型の場合はカウンセリングだけで済むことが多く、費用をトータルで考えたとしても20万円程度になります。しかし症状の重い非定型やメランコリー型、それから難病型の場合はカウンセリングだけでなく薬の服用も必要なるので、30万円から50万円の費用が必要です。治療方法や診断によって保険が適用される場合があるため、一概にその費用だとは言えませんので詳しくはクリニックや病院に問い合わせをすると良いでしょう。医師から診断を受けたあとに費用の質問をすれば、明確な答えを得ることが出来ます。もし多額の費用がかかるのであれば、本人だけでなく同行者を連れて行くことをおすすめします。なぜなら一人で抱え込んでしまう危険性がなくなるからです。クリニックで診断を受けたあと、うつ病の種類について説明をされます。自分の症状を確認するとても大事なことなので、同行者を連れて説明を聞くと良いです。一口にうつ病といっても、症状の重たいメラコンリー型から症状の軽い季節性まであります。前者は周りからの期待に答えようと必死に頑張ることで発症することが多いです。責任の重さに負けてしまったり、周囲からの期待に答えられない自分への苛立ちが起こったりすることによってうつ病になることがあります。後者は季節の変わり目に、気分が落ち込んだり、先行きが見えない人生に頭を抱えたりすることで発症することがあります。どちらも立派なうつ病であるため、確実な治療が必要となります。特に前者の場合は、本人はあまり悩んでいないと心の中で感じていますので、周りの人が気づいてクリニックや病院へ連れて行くことをおすすめします。うつ病の症状は人それぞれで、その原因も十人十色です。適切な診断を受けなければ、症状はどんどん悪化し社会復帰できなくなる可能性があるので、注意が必要です。