うつ診断結果を参考にしよう【初期症状はちょっとした不調が長引く】

ウーマン

ココロからのSOS

男性

ココロのお休み

まずうつとひとくくりに言っても様々な症状があり、様々なパターンがあります。どちらにせようつと呼ばれる状態はココロがSOSを出している状況ではないでしょうか。風邪を引けば近くの内科にかかることが多いでしょう。ではココロがしんどいときはどのようなところに行くのが良いでしょうか。まずは心療内科と書かれているクリニックを探すと良いでしょう。大抵のクリニックではまず問診がとられます。うつの状態に伴って身体の症状が現れたり、今までできたことが出来なくなったりするこのともあるかもしれません。小さなことでも構わないので、いつもと違うことを伝えて下さい。その問診を踏まえて、診察を行い診断に至ります。うつ病、またはうつ状態と診断されたあとはカウンセリングを受けることになります。考えや悩みなどを話すことで、適切な対応方法を提案してくれます。また投薬にてコントロールする場合もあります。夜眠れない症状などには睡眠導入剤が出されることもあります。また普段ココロのコントロールが難しく困る場合には安定剤が処方されることもあります。まずうつ状態のときに励ましは良くありません。なぜかといえば、大抵のうつに陥った人々は頑張っている、または頑張りすぎた方が多いからです。さらに頑張れと叱咤激励することはかえって負担となってしまいます。周りの人が普段から気をつけることは、できるだけ休養が取れるような環境を整えてあげること、また1人で考え込む時間を減らすよう心がけること、気分転換を心がけることです。ただし無理強いはしてはいけません。うつと診断された方の中には身体症状を合併しており、そちらの症状によってさらにしんどくなってしまう場合もあります。そのため体調を第一優先に、しかし診断された本人が望むのならば誰かと一緒に行動できる気分転換の方法を実施してみるのも良いでしょう。それぞれ症状は異なりますが、稀に希死念慮と呼ばれるいわゆる死にたいと思う気持ちが芽生えることがあります。そのときもただダメだと否定するのではなく、なぜそのような考えに至ったのかを話し、考えを聞くようにすると良いでしょう。