うつ診断結果を参考にしよう【初期症状はちょっとした不調が長引く】

ウーマン

立ち直るには相談が肝心

カウンセリング

医師の役割

過剰なストレスによって精神的に消耗することがあります。現代の生活ではストレスがたまる場面が多く、うつ病にかかることは懸念しておかなければなりません。もしも、うつ病にかかったと分かったら、早めに病院で診断してもらうことがおすすめです。精神の病気は、ほっといても自然に治るものではありません。むしろ、無理がたたってかえって悪くする可能性があります。必死に頑張るほど悪くなるのですから、専門家の指導のもとに治療を始めた方が確実であり、早く立ち直れるわけです。自分ではどうにもできないことを治してくれるのが、病院のいいところです。いいところはもう一つあります。うつ病というのはとても相談しにくい病気です。周りからはうつ病でも「しょぼくれている健康的な人」にしか見えないため、それが病気だと言っても理解してもらえないことがあるためです。病院の医師は相談相手にもなってくれます。病院に来る前に何があったのかなど辛い話をしっかりと聞いてくれます。どうすればいいかアドバイスをもらえることだってあります。診断をする以外にも、うつ病患者の理解者として気持ちを安らかにしてくれるわけです。うつ病診断にはいくつかタイプがあります。一つは質疑応答形式で、最近の出来事を患者から直接聞き、状況や原因を特定します。患者の答えだけでははっきりと分からないという場合は、他の家族や親族にも質問することもあります。もう一つはアンケート形式で、用紙に書かれている質問に答えを記入し、それを参考にして診断を行います。このアンケートには質問ごとに点数が振られており、それが一定の基準になればうつ病と認めるという仕組みになっています。病院で行われているうつ病診断は、この二つがメインです。前述の二つ以外にも、インターネットで受けられる診断もあります。病院で受けるものより簡易的ですが、精神科や心療内科の医師が監修しており、信憑性はそれなりにあります。うつ病かもと思ったら、最初にネットで確かめ、その後で病院で治療するというのも有効です。これによって自分の状況を把握することもでき、医師とのカウンセリングがスムーズにできるというメリットもあります。環境が整っていればどこでも受けられるなど、ネットならではの利点が多くあります。